Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
プログラミングの学習にどの言語を使うべきか

 プログラミング言語には多くの種類があります。
 Java、C言語、C++、C#、COBOL、Pascal、VB.NET ・・・、スクリプト言語と呼ばれる PHP、JavaScript、Python などを含めるとさらに数が増えます。 それぞれに特徴や得意/不得意があり、業務用のシステムを作る際はそれらを考慮して選びます。
 では、学習で使う場合はどのように選べばよいでしょうか?

学習目的から考えると

 一般に、プログラミングの学習では「プログラムの作り方」を知るのが一番の目的です。
 文法を覚えることが主目的ではありませんから、プログラミング言語は勉強し易いものを選び、大まかに捉えて調べ方のコツをつかむようにする とよいと思います。
 プログラムを作る過程で、プログラミング言語を使う部分は一部分です。
   【 人の言葉で表現された課題から → 処理手順やデータ表現を考え → それをコンピュータへの命令列として書く 】
 プログラムの作り方を知っていれば、どんな言語でも調べて書けるという "頼もしい人" を目指せます。

プログラミング言語をどんな尺度で選ぶか

 「仕事で○○言語を使う」などの事情がなければ、私見ですが次のような尺度が考えられます。
よく使われている言語を選ぶ
 勉強しておくと今後役立つ機会が多そうです。 学習書も多く出版されており、学習環境が整え易いことも利点です。
 検索エンジンの検索結果による「プログラミング言語人気ランキング」では、C言語、Java、C++、PHP などが上位に来る傾向が続いているようです。
言語の仕様が大き過ぎずシンプルなものを選ぶ
 初心者としてプログラミングを勉強するとき、「あれも、これもできる」という枝葉より、プログラムの幹となる概要を大まかに捉えることが大切です。言語仕様の大きさは、書店で学習書のボリュームを見ると大体分かります。

C言語と Java

 最後に、プログラミング講座 cClip が C言語Javaを扱っている理由を簡単にご紹介します。

・ どちらの言語もよく利用されている
C言語 ・ 言語仕様がコンパクトでシンプルである
 (ポインタが難しいと言われますが、基本は単純です。下記の関連記事もご参考に ・・・)
 (用語集:ポインタ, Tips:ポインタの間違い探し, 配列とポインタのクイズ(1), 同(2), 同(3)
・ C言語が分かると、C++, C#, Java など、他の言語の理解がし易い
Java オブジェクト指向 を学ぶことができる
・ 言語仕様は大きいが厳選することで、基本+活用機会の多い機能を学べる