Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
プログラムが分からないとき

 「このプログラムが分かりません」と聞かれることがありますが、 それでは答えようがありません。
 そして、そんなときは「どこがどう分からないか分からない」という状態に陥っていることが多いようです。

プログラムが分からないときは

 まずは、今どこで引っ掛かっているのかをハッキリさせましょう。

  (1) 問題の説明文に意味が分からないところがある
  (2) 処理手順の考え方が分からない
  (3) データをどんなふうに表現すればいいか分からない
  (4) 具体的なコードの書き方が分からない
  (5) コンパイル・エラーの直し方が分からない
  (6) 実行できるけど、結果が間違っている。次にどうすればいいのか ・・・ など

 具体的な質問がしやすくなります。
 また、頭が整理できるので自力で先に進めるかもしれません。

プログラムの分からない部分を整理する習慣

 このような習慣づけをしておくと、いろいろな場面で問題解決に役立ちます。