Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
手順重視

プログラムは、言語の知識だけで書ける訳ではありません

 処理の手順も必要です。

 プログラムで何かの仕事をさせるには、どんな順番でどんな判断や処理をするのか、具体的な処理の手順が必要です。必要な処理を考えてから、それをコードに直すのがプログラミングです。
 人なら大体の説明で分かってくれますが、コンピュータは言われた通りにしか動きません。ですから、もし手順が間違っていたら大変です。正しく、分かりやすく、効率のよい処理手順を考えることはとても大切です。

プログラムが書けない原因

 「ちゃんと動くプログラムが書けない、どこが悪いのか分からない。」というような声を耳にします。
 これらの問題は、コードに直すときの間違いだけが原因ではありません。
 処理手順が間違っていると正しく動きませんし、検討が足りないとコードに直しにくい手順となってしまいます。
 そして、手順の勉強は個人ではなかなかやりにくいものです。

 手順が大事

手順の学習をするには

 プログラミング講座 cClip は、手順についての学習を大切にします。
 小さな課題を使って、まず処理手順を考え、それをプログラムコードに直し、完成したプログラムを実行して確認します。
 プログラミング講座 cClip は、プログラムの断片を説明するのでなく、動くプログラムが教材の講座です。それによって、処理手順についても生きた学習ができます。

 よい学習をするには

 詳細  文法も大切だけど手順がもっと大切

ページTOP