Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
仕様書(用語集)

仕様書

 一般に仕様は、部品や製品、サービスなどの機能や性能のこと。
 仕様書は、それを文書で表わしたものである。

 プログラミングの分野での仕様書には、開発工程に応じていくつかの種類がある。
 記述する内容は、開発が進むにつれて具体化、詳細化したものとなる。
 次にその一例を挙げるが、世の中ではいろいろな名称の仕様書が使われている。
  • 基本設計書(要件定義フェーズで作成する)
  • 外部仕様書(外部設計フェーズで作成する)
  • 内部仕様書(内部設計フェーズで作成する)
  • テスト仕様書(テストフェーズに入る前に作成し、テスト実施後、試験成績を加える)
   (アプローチにより異なる場合もある)

 最初の要件定義時に、ユーザから要求された機能を整理し、相互に確認して開発すべきシステムの概要を明確にする(基本設計書)。 次の外部設計では、その結果を元に実現方法を検討し、外部との界面となる画面操作や帳票仕様、ファイル仕様などを定める(外部仕様書)。 そして内部設計では、外部仕様書をベースにより具体的な設計を進め、内部に持つデータ構造を決めたり、モジュールの構成や仕様を検討する(内部仕様書)。 内部仕様書を元にして実装を行う。
 テスト仕様書には、試験の進め方や試験項目を記述する。実施後に試験成績を加えたものを納品物に含める。

 このように、仕様書は開発の拠り所となる重要なものである。
 開発にかかわる全員が同じ認識を持ち、手戻りを少なくしたり、開発作業をスムースに行うことができる。


ページTOP