Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
変数(用語集)

変数

 プログラミングでいう変数(ヘンスウ)とは、データの記憶場所に名前をつけたものをいう。

 プログラムでは、処理の過程で多数の変数を使うのが一般的である。 たとえば、ごく単純な電卓プログラムでも、入力された数値を保存し、計算し、結果を覚えておくなど、いろんな場面で変数を使う。

 一部に例外があるが多くのプログラミング言語では、変数の名前とデータタイプを「宣言」してから用いる。 データタイプの代表的なものには、整数、実数、文字がある。

 1つの値だけを保存する変数をスカラー変数と呼ぶが、それらを組み合わせて配列やC言語での構造体のように、構造を持たせることができる。
 また、それぞれの変数を読み書きできる範囲としてスコープなどの概念がある。ローカル変数とグローバル変数の違いは、スコープの違いである。オブジェクト・プログラミングでは、さらに細かく読み書きの制御ができる。
 保存場所に着目すると、スタック領域に用意する(オートマティック)変数と、データセグメントに用意する(スタティック)変数という区別もできる。


ページTOP