Thinkers'Studio
JavaとC言語の自習ツール
配列(用語集)

配列

 プログラミングでいう配列は、同じ型のデータの並びをひとまとめにしたデータ構造のこと。
 多くのプログラミング言語で用意されている最も簡単なデータ構造である。

 プログラムでは、配列を使って連続した記憶場所を確保することができる。 そうすることで、一連のデータをまとめて取り扱ったり、繰り返し処理を効率よく実行したりしやすくなる。 配列に含まれる個々のデータを「要素」と呼び、何番目かを指定することで要素を特定できる。この配列要素番号のことを「配列の添字(そえじ)」という。

 通常の配列では添字を用いてそれぞれの配列要素を読み書きするが、要素番号の代わりにキー値で配列要素を指定する「連想配列」というデータ構造もある。連想配列では、通常の配列と違って、記憶場所が連続していない。

 プログラムで配列を使うときは、まず名前、データタイプ、要素数を「宣言」する。宣言時に初期値も指定できるのが一般的だが、その場合には与えられた初期値の数に基づいて要素数が決まる。

 「多次元配列」を定義できるプログラミング言語も一般的である。 配列要素が添字を2つ持つものは2次元配列、3つ持つものは3次元配列であり、以下同様である。


ページTOP